読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たったの一か月で、お金を掛けずに『内側から輝く素肌』を手に入れた魔法

初めまして。 私は、自分自身が肌荒れしていたことをきっかけに、食の大事さに気づき『美肌食』を生み出しました。  そして昔の私と同じように悩んでいるあなたへ情報発信をするためにこのブログを立ち上げました(^^)

溜めない秘訣!

さらに詳しい美肌情報が知りたいあなたへ、メルマガも配信しています。


▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ

http://form.os7.biz/f/c7110597/




んにちは、さわです。


昨日は、

便秘になってしまった時に間違った食物繊維の採り方をすると

余計に便秘を複雑化させてしまう



下手に食事をすると、さらに腸を汚してしまう



などのお話をさせて頂きました。


せっかく苦しい便秘を解消できたのに、

また再発すると、


腸の中が腐敗した状態になり、
便としてでないために

肌から老廃物がでてしまう・・・


考えるだけでもぞっとしますね。


今日は、あなたがそうならないために、

欠かせない6種の食材と栄養素をご紹介します。






1.水分

空腹状態の胃に冷たい水が入ると胃が刺激され、
大腸はぜん動運動を始めるとされています。


また、飲み物や食べ物から摂取した水の一部は大腸に到達して、

便に吸収されるので便を柔らかくするためにも水は欠かせません。







2.「食物繊維」便の量を増やし柔らかくする。


便の量を増やし、便を軟かくするには食物繊維が良いのは有名ですよね。


昨日もお伝えした通り、不溶性食物繊維を摂りすぎると、

便を固くしてしまうので、摂りすぎには注意してください。


2種類の食物繊維をバランスよくとることが大事です。





3.「善玉菌」


腸内環境のバランスを改善する。


善玉菌は腸の中で腸内細菌のバランスを改善して、

体に良い働きをし、
これを摂取することをプロバイオティクスと呼び注目されています。


善玉菌の出す有機酸は大腸を刺激し、

ぜん動運動が活発になり、

更にその有機酸は
便を腸内で腐敗させる悪玉菌の増殖をおさえます。





4.「オリゴ糖


腸内で善玉菌のえさになる。



オリゴ糖とは、
善玉菌を増やす食品である、プロバイオティクスに分類されます。



プロバイオティクスとは、消化器官で消化されずに大腸まで到達し、

善玉菌のエサになり腸の活動を活発にするため、

便秘に有効な食品群です。







5.「マグネシウム

腸の働きを良くする。


マグネシウムはミネラルの一種で、

腸の働きを良くすることで知られ、にがりにも多く含まれています。











6.「ビタミンC」

腸のぜん動運動を活発にする。


ビタミンCが腸内で分解されることによって発生するガスが、

腸のぜん動運動を活発にするとされています。



また、ビタミンCを多く摂取すると、便が軟かくなることも期待されています。









以上、紹介しました6つの栄養素を元に、食べる物を意識してみて下さい。



体に不要なものは、あなたの肌にも良いことは何もありません。


全て出して、美肌を作る栄養素を効率よく吸収できる体に変えていきましょう!


美肌を手に入れるかどうかはあなた次第です。




この記事が役にたったら、いいね!
お待ちしています。




さらに詳しい美肌情報が知りたいあなたへ、メルマガも配信しています。


▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ

http://form.os7.biz/f/c7110597/