読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たったの一か月で、お金を掛けずに『内側から輝く素肌』を手に入れた魔法

初めまして。 私は、自分自身が肌荒れしていたことをきっかけに、食の大事さに気づき『美肌食』を生み出しました。  そして昔の私と同じように悩んでいるあなたへ情報発信をするためにこのブログを立ち上げました(^^)

美肌の基本!毎日の自炊を『心躍る』ものにする!

 

 
肌荒れに悩むあなたへ

お金をかけずに一ヶ月で『内側から美しく輝く素肌』を手に入れた方法が知りたい方は

▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ

http://form.os7.biz/f/c7110597







んにちは、さわです。



今のあなたは、日々料理をしていますか?


しているけど、苦手

チャレンジしたいけど、なんだか難しそう


上手くもりつけられない


など、悩みを持つ方も多いはず。





 
料理が不得意なままだと、
自炊が楽しいと思えず、

あなたは美肌から遠のく一方。



逆に、料理をマスターしてしまえば、

あなたは努力することなく
自動的に美肌を手に入れられるのです。



あなたに最短距離で美肌を手に入れてもらうために、
 

毎日の自炊を
『わくわくして、毎日したくてたまらない』

ものにする方法をご紹介していきます。











見た目がキレイだと美味しく感じる




料理は見た目で決まると言っても過言ではないほど、
盛り付けや彩りは重要です。



雑に盛り付けられた料理より、

れいに盛られている料理の方があなたも美味しくかんじますよね?








料理上手になるための5つのポイント

●味見をする

●レシピ通りに作る

●キレイに盛り付ける

●美味しいものを食べ下を肥やす

●得意料理をつくる


この5つを慣れるまで意識するだけで、料理の味は格段に良くなります。




味見をして味覚を鍛える


料理が上手な人は、何と何を合わせるとどんな味になるのか、

どの食材にはどんな調味料が合うのかなど、レシピを見なくても


自分の思いどおりの味付けができます。


しかし、料理に慣れていない人は、何をどうすればどんな味になるのかわかりません。


ですから、味見をして確認しなければいけないのです。




味見のタイミング


●合わせ調味料の味見

●最後に味を整えるとき



味付けをする前に合わせ調味料の味見をすることで、
料理の味を修正できます。



また、合わせ調味料の味は、実際に食べるときよりも少し濃いぐらいがちょうどいいです。



味見をして自分の舌で確認することを繰り返すことで、

味覚が鍛えられて自然と自分の思う味付けを再現できるようになります。
 
 
 
 
 



アレンジは慣れてから。
分量や手順を守ってレシピ通りにつくる



レシピを参考にして自分でアレンジするのはいいのですが、

最初だけはレシピ通りに作って下さい。


レシピ通りに作って、食べてみてはじめて

「甘みが足りない、味が濃い」

など自分の舌に合わせるように調整するのです。



最初から感覚で味を変えてしまうと、

そのレシピが美味しいのかどうかもわからなくなってしまいます。


また、レシピに書いてある手順もきちんと守りましょう。


●材料を入れる順番

●調味料を加えるタイミング

●火加減や温度


なども料理の味を左右する要因なので、

必要無いように思えることでも、

どうしてそうするのかという理由を考えながらやってみましょう。




彩りをよくしてキレイに盛り付ける

せっかくの料理も、お皿に雑に盛られていると美味しさが半減します。


外食に行って、料理が適当に盛られていたら食べる気も失せてしまうというものです。



人にふるまうことを意識して、盛り方や彩りにもきを配ってみましょう。



美味しくみえる盛り方のポイント

●お皿を汚さない

●茶色のものには緑を添える

●鮮やかな色の食材を使う

●高さを出して盛り付ける


汁やタレがお皿についてしまったら、さっと拭き取ってから出します。



煮物など、茶色くなってしまいがちなものには、

ネギや薬味などを添えて彩りを良くしましょう。




また、献立の中に赤や緑、黄色などの鮮やかな色のもとが一つあると、

見た目もよくなり食欲がわきます。




美味しそうな盛り付けのコツは、平たく盛るのではなく、

真ん中を高くした盛り付け方をすることです。









レシピ通りに作っても上手くいかない場合


そんなあなたは、下記の点に気をつけて見て下さい。


●材料の切り方

●下ごしらえ、下準備

●火加減

●お皿の形と色


野菜の切り方一つでも、歯ごたえや味の染み込み方、

火の通りなどが変わります。



火の通りにくいものは葉物より先に入れたり、

レンジである程度軟かくしてから使ったりといった工夫が必要です。



どの料理でも

●調味料を量っておく

●合わせ調味料は合わせておく

●食材を切っておく

この3点をあらかじめしておくと、料理がスムーズに段取りよくできます。



一番の上達方法は人に振る舞うこと


いろいろと料理のコツやポイントを紹介しましたが、やはり一番は人に食べてもらうことです。


特に、あなたの大切な家族や友人、恋人からの「美味しい」の一言は、何よりもやる気につながります。



まずは、身近な人に料理を振る舞ってみて下さい。
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
料理上手になるための第一歩は、ただ忠実にレシピを守ること。
 

何も難しくはありません。
 

今すぐ、

自炊をマスターし、

自動的に美肌を手に入れてください!


 美肌を手に入れるかどうかはあなた次第。


 
 
さらに詳しい美肌情報が知りたい方は、今すぐメルマガ登録!
 


▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ

http://form.os7.biz/f/c7110597