読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たったの一か月で、お金を掛けずに『内側から輝く素肌』を手に入れた魔法

初めまして。 私は、自分自身が肌荒れしていたことをきっかけに、食の大事さに気づき『美肌食』を生み出しました。  そして昔の私と同じように悩んでいるあなたへ情報発信をするためにこのブログを立ち上げました(^^)

たったこれだけで、アトピー性皮膚炎が劇的に改善!

肌荒れに悩むあなたへ

 

お金をかけずに一ヶ月で『内側から美しく輝く素肌』を手に入れた方法が知りたい方は

 

▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ

 

http://form.os7.biz/f/c7110597








んにちは、さわです。


最近、私のブログをご覧頂いている方から、

『こんな記事を書いてほしい』

とご意見を頂くことがあります。

今日は、その中でも多く頂いた、


アトピー性皮膚炎に有効な食事』

について、お話していきたいと思います。






アトピー性皮膚炎は、例えて言うなら「燃え盛っている火の固まり」です。

火の勢いがとても強く、皮膚は焼けただれた状態です。

その上、火の粉が飛んで火事が燃え広がっていきます。

最初は小さかったアトピーのかゆみが全身に広がっていきます。

とにかく、この火を消すためには、どうすればいいのでしょうか?

これは、ごくシンプルなこと。

まず、燃える材料をそれ以上与えないことです。

燃料がなければ、火はそれ以上には燃え広がらずに、やがて消えていきます。

アトピー性皮膚炎での火事の燃料とは、ズバリ、間違った食べ物のことです。


アトピーのかゆみの元の燃料とは、

植物油や、食べ過ぎた動物性夕ンパク質。


これから、どう言ったことが原因でかゆみを引き起こしてしまうのか、ご説明していきますね。




 

キッチンの「油汚れ」が体の中にも!?

あなたの家のキッチンの換気扇には、油汚れがべっとりついていませんか?

油を使った料理を多くする家庭の換気扇ほど、油汚れがしみついています。

このような油汚れが、体の中の細い血管や内臓に沈着していく様子を想像してみてください。

つまり、換気扇が油べっとりならば、体の中にも同じように油がべっとりと溜まるのです。

それだけでも、体に悪いということがイメージできるのではないでしょうか。

これが、アトピーの根本原因の1つです。


ある病院の臨床例からも、この植物油を取り除くことで、

実際にアレルギー体質は改善に向かうことが明らかとなっています。



毎日の食卓に油炒め、唐揚げ、コロッケ、トンカツ、天ぷらなどが、交替で並んでいませんか?




まずは、日常の植物油の使用頻度をチェックすることからスタートしましょう。


なるべく、この植物油の影響を受けないようにすること。

そこが、アトピー改善の第一歩です。



「植物油」がアレルギー&かゆみの元に!

植物油とは、

大豆油やコーン油、
ごま油、菜種油、
サフラワー油、
米ぬか油など、

植物の種実から絞って精製された油のことです。

毎日これらを大量にとると、細胞膜に油の成分が蓄積していきます。


それが、体をアレルギー体質に変化させてしまうのです。



細胞膜に過剰に蓄積した植物油の成分、それがアレルギー体質の正体というワケです。



また、必要以上に摂り過ぎた植物油は、

皮指腺を通して皮膚表面に排出され、

これがかゆみ、湿疹の元になります。



つまり、植物油はアトピーを三重に悪化させる原因になりうるのです。



アレルギー体質で、特に問題となるのは、植物油に多く含まれている“リノール酸”です。



私たちの体を作る細胞は、毎日の食べ物を材料にして作られています。



リノール酸を多く含む植物油を多く摂り過ぎると、私たちの数多い細胞の細胞膜に、

リノール酸から変化した“アラキドン酸”が蓄積されていきます。



それは、アレルギー反応に関わる細胞の細胞膜にも、たくさん蓄積していくので、

アレルゲンに対して過敏に反応するようになってしまうのです。



つまり、アレルゲンに対して過敏に反応する体質は、

植物油をたくさん食べることで作られているのです。



アレルゲンに対して過敏に反応した結果、強烈なかゆみを引き起こす物質を多量に分泌するようになります。




現代の食生活では植物油は欠かせません。

ほとんどの加工食品に使用されており、ほとんどの家庭の食卓にも毎日上っているでしょう。

しかし、調理法を煮る、焼く、蒸すなどに変えれば、植物油を大幅に減らすことができます。







消化しきれないタンパク質がヘドロになる!

食物油のリノール酸とともに、体をアレルギー体質にして、

アトピーを治らなくしている原因がもう1つあります。

それは、「動物性タンパク質の摂り過ぎ」。


タンパク質は内臓、神経、そのほかあらゆる体の元となるので、成人はもちろん、成長期の子供も特に必要な食べ物です。


しかし、必要量を超えて食べ過ぎてしまうと、それが時に害を及ぼしてしまうのです。





タンパク質が、消化によってアミノ酸に分解される過程で、「ポリペプチド」という物が生まれます。



今までは、このポリペプチドは、腸から体内には吸収されないと考えられてきましたが、

それを覆す事実が徐々に明らかになってきました。


普段は健康な人でも、体調を悪くして腸管内の環境も悪化すると、

腸からポリペプチドが吸収されることが分かったのです。


これが、じんましんの元となります。



このポリペプチドは、体が栄養素として利用することができません。


そのため血液中に入っても、利用できないポリペプチドは、体の中に溜まっていきます。


そして溜まりすぎると、やがて皮膚へと排出され、これが強烈なかゆみの元に。



つまり、アトピーのもう1つの燃料は、消化されずに体に溜まった“ポリペプチド”というワケです。


植物油が体をアレルギー体質に変え、その植物油と未消化のポリペブチドが皮膚に排出されます。

これらが、アトピーの火事を起こしている2大の燃料なのです。


したがって、アトピーを治すには、いったんこの燃料を全て断つか、

あるいは減らして火を消さなくてはいけません。



それに効果的なのが、“食事療法”です。


それって、一生揚げ物やお肉を避けなければいけないの?

と思われるかもしれませんが、

いったん火を消してしまえば、

またあなたの消化能力に応じた量の植物油や動物性タンパク質が食べられるようになります。




先ほど、『アトピー性皮膚炎の方は植物油は避けた方が良い』とお伝えしたのですが、

唯一の例外は、

“シソ油”と“エゴマ油”です。

これらの油にはリノール酸が少なく、その反面αリノレン酸が多く含まれています。



そのため、体内で最終的にはアラキドン酸に変わらず、

アレルギー反応や炎症を鎮めるEPADHAに変わります。



したがって、シソ油やエゴマ油は、逆にアレルギー体質の改善に効果的と言えます。



ただし、これらの油は、高温や空気に触れると酸化しやすいという特性があり、

料理に使うには扱いが難しいという欠点もあります。



これらの短所をふまえ、上手に使うことが必要があるでしょう。



最近はオリーブ油が注目されています

オリーブ油の主成分は、オレイン酸です。


この成分は現在のところ、善玉・悪玉のどちらにも属さず「中立」にあたる油です。


酸化しにくいという長所もあり、アトピーが回復期に入ってからなら、使ってもOK


沢山の制限があるように感じますが、

一度原因を絶ってしまって、かゆみから解放されるなら、

今だけの我慢と思ってぜひ試してみて下さい。

試してみて損はありません。


私自身の肌荒れは、アトピー性のものではなかったので、今日は自身の体験談ではありませんが、


この記事を見て取り組んで頂いたあなたのコメントをお待ちしております。


この記事が役に立ったら、いいね!
お待ちしています。

肌荒れに悩むあなたへ


お金をかけずに一ヶ月で『内側から美しく輝く素肌』を手に入れた方法が知りたい方は


▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ


http://form.os7.biz/f/c7110597