読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たったの一か月で、お金を掛けずに『内側から輝く素肌』を手に入れた魔法

初めまして。 私は、自分自身が肌荒れしていたことをきっかけに、食の大事さに気づき『美肌食』を生み出しました。  そして昔の私と同じように悩んでいるあなたへ情報発信をするためにこのブログを立ち上げました(^^)

スーパーフードの一日の摂取量

肌荒れに悩むあなたへ

 

お金をかけずに一ヶ月で『内側から美しく輝く素肌』を手に入れた方法が知りたい方は

 

▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ

 

http://form.os7.biz/f/c7110597

 

 

 

 

んにちは、さわです。


前回の記事で、卵は美肌を作るスーパーフードだと言うことをお伝えしました。


でも、一日どれくらいたべても良いのかわかりませんよね。



以前は、卵はコレステロール値が高く、一日一個までにしないといけないとよく言われていましたが、


最近はそうではないのです。






「卵は一日一個まで!」のウソ


ことの発端は1913年ロシアの病理学者がウサギに酸化コレステロールを食べさせた実験にあります。



草食動物は動物性脂質を食べることはありません。



うさぎと人とは消化器官が違います。


しかしこれを発端に、欧米や日本までもうさぎで実験を行いはじめ、

コレステロールリッチの食材=卵は、体に良くない!となったのです。




体のコレステロールの2/3は、肝臓で合成されます。


食べる食品のコレステロールの量が多い時、小腸からの吸収を抑えたり、肝臓でのコレステロール合成を抑制して、体内のコレステロール量をコントロールします。




卵の食べる量を減らしたからと言って、体内のコレステロール値には、全く意味がないということです。




最近の実験でも、普段の食事以外に1日にタマゴを3個ずつ、2週間食べつづけた結果、コレステロール値を測定すると、ほとんど変化はなかったというデータもあります




ですので、皆さん安心して、美肌への道を進んでいってくださいね。



この記事が役にたったら、いいね!
お待ちしています。

 

 

 

 

肌荒れに悩むあなたへ

 

お金をかけずに一ヶ月で『内側から美しく輝く素肌』を手に入れた方法が知りたい方は

 

▼『内側から輝く素肌』を手に入れる!完全無料メルマガ

 

http://form.os7.biz/f/c7110597